高速カードバトル カードヒーロー
イベントチャート

イベントチャート
第1章
カードヒーローってなんだ?
一条のレクチャー 一条より「スパルタス」×3入手
ハルカと初対戦 初めてのカードヒーロー対戦。
お互いスパルタス×3を所持してバトル。
チュートリアルなので一条先輩が教えてくれる通りに進めれば負けることはないはず。
…というか、わざと負けるような行動を取ると一条先輩に止められます。

【バトル終了後】
マナナット入手
マルヒゲ屋初訪問 後衛モンスター「ビヨンド」をデッキに入れてハルカと対戦。
ハルカはカードの引きの悪さによりビヨンドを使ってこないので、
前衛に「スパルタス」「マナトット」、後衛に「ビヨンド」を入れれば問題なく勝てるはず。
ただし、レベルアップで体力回復を狙えるよう攻撃順は考慮すること。
ちなみにこの戦闘も負けるような行動をとろうとすると止められるので絶対負けません。

【バトル終了後】
マナトット・ポップル・ビヨンド入手
初魔法カード 魔法カードをデッキに入れてハルカと対戦。
ここで使える魔法カードは「鉄の盾」「サンダー」の2種。

ハルカはマナトット+ビヨンドのコンビで1ターンで前衛に5Pのダメージを
与えてくるため、何も考えずモンスターを出すと瞬殺されます。
HPの多いポップルに鉄の盾をかけて前衛を守りつつ、
こちらも前衛+ビヨンドの組み合わせで畳み掛ければOK。
MPが4溜まればサンダーでトドメをさせるはず。

なお、このバトルもつチュートリアルのため、
間違った行動を取るとアドバイスが出て、やり直しを求められます。

【バトル終了後】
鉄の盾・サンダー入手
一条先輩宅にて 【バトル開始前】
ヤンバル・ルージュ・ラッフィー・スパーク・レベルチェンジ入手

VS 一条「ホンキでいくよ!デッキ」
スピードバトル正式ルールに則った初めてのバトルとなる。
この対戦から自分の判断で戦術を組み立てていく必要がある。
デッキは一条とまったく同じであり差はない。

このバトルで初めて使えるようになるルージュ・ラッフィーは
どの場所のモンスターでも攻撃できるため、レベルアップすれば心強い存在。
鉄の盾やレベルチェンジなどの魔法カードを有効に使い、
うまくレベルアップしたモンスターを守りつつ、確実に敵モンスターを
倒していけば難なく勝てるはず、

【バトル終了後】
ゲイラ or タコッケー入手
第2章
運命の出会い
ハルカの問題 【レベルを3まで上げる方法】
ルージュでLV2のビヨンドを倒せばOK。

【レベルアップ選択の意義】
ストーンを消費するスキル持ちのモンスターがいる場合、
レベルアップせず、ストーンを確保することで攻撃回数を確保する。
キリオとの出会い VS キリオ「キリオLV1デッキ」

キリオのデッキの注目点としては
HPの高い後衛モンスター「ガンタス」が含まれていることが挙げられる。
これが前衛出てきて後衛を攻撃することもあるので、
後衛にひ弱なモンスターがいる場合は要注意。
とはいえ、まだまだ序盤であるため
1章での一条とのバトルと同じように戦えば問題なく勝てるはず。
第3章
カードヒーロー部を作ろう!
マコト勧誘 【バトル開始前】
ハルカ VS マコト (※このバトルは観戦のみ)
エル・ソル入手

VS マコト「スマートビーム! デッキ」
お互いにエル・ソル1枚ずつを入れての対戦となる。
エル・ソルは貫通攻撃が可能だが、
貫通攻撃を使うためにはストーン1個使うため、
ストーンの少ない序盤に出ると使いどころが少し難しいかもしれない。
ただ、HPがそこそこ高いため、とりあえず前衛に置いておき壁として利用するのも手。
部長希望者 VS ???「ばくれつボムゾウデッキ」
相手は新カード「ボムゾウ」を2体デッキに入れている。
ボムゾウはHP6と高い耐久力を誇り、
正面攻撃と一つ飛び攻撃が両方使えるため、汎用性が高い。
ただし、正面攻撃を行なうとボムゾウ自身もダメージを受けるという特性がある。
相手はボムゾウを前衛において後衛を攻撃してくる場合も多いので注意が必要。

【バトル終了後】
ボムゾウ入手
第4章
スーパーカード登場!!!
スーパーカード発売 聖獣ラフィオー・ヤンバル・ラッフィー入手
この直後、スーパーカードの使い方についてレクチャーバトルあり。
初めてのバトルステージ 3人の中から選んで対戦となる。
以下は自分のプレイ時に選択した対戦相手です。

VS ユウキ「はじめまして!デッキ」
ユウキのデッキの特徴は「ワイルドブル」カード。
これはLV1から3Pの攻撃が出来るため、
後衛の2Pと合わせてHP5以下のモンスターは
瞬殺されてしまう可能性があるので注意。

VS まりこ「キリンのうなじ…デッキ」
まりこのデッキの特徴は「バルバス&パフ」カード。
このカードは初期登場するバルバスを倒すと、パフに転生する。
つまり1枚のカードで2回倒さなければならない。
またパフはモンスターをレベルアップさせるスキルがあるので
敵陣営が強化されることを念頭におく必要がある。

VS タワラダ「いっぽんがちデッキ」
タワラダのデッキには後衛キラー「キラービ」が含まれている。
キラービは後衛にいながら自軍後衛に対して3Pの攻撃が出来るため
下手をすると自軍の後衛が次々と犠牲になる。
キラービが出てきたら魔法カードなり、後衛カードを前衛におくなりにして
早めに倒してしまいたいところ。
カードパック購入 バトルに勝利し、150P溜まるとマルヒゲヤで買い物ができるようになる。
この時点で買えるのは「ワールド・オブ・クエスト」「モンスタースクワッド」の2種類。
どちらを選んでも進行には影響しないので好みで選べばOK。
この後、クラマクラブに行くか、まだセンターモールで
ポイント稼ぎをするかの選択肢がでます。
この章では最大3回までセンターモールでポイント稼ぎが出来るので
カードを集めたいなら、センターモールで粘るのもあり。
第5章
クラマクラブ
3番目に強い人 VS コマイ「コマイのプライドデッキ」
コマイのデッキの主力は「ポリスピナー」。
このモンスターは2回行動ができる上、
T-30にスーパー化することができる強力ユニットである。
ただし、スピードバトルではポリスピナー&T-30の
複数回行動を完全には活しきれない上、HPが3と低いため、スーパー化しても
防衛に気を使わないコマイ相手なら比較的簡単に倒せるのが救い。

【バトル終了後】
ポリスピナー入手
イカ親子 VS イカ男
イカ男のデッキは見た目どおりのイカモンスター「ゲイラ」が主力。
ゲイラは前衛ユニットだが1ストーン使って直線攻撃が可能。
ただ、イカ男のデッキはゲイラよりも
前衛に出てきてはバッククロウで後衛にダメージ加えて
後衛に戻っていくグリフォンのほうが少々やっかいかも。

【バトル終了後】
ドノマンティス入手
3人目のツワモノ VS ???「なぞのじょおうデッキ」
相手のデッキに含まれるカードで注意すべきは
エル・ソルとフェニックスの貫通攻撃コンビ。
この二つが前衛と後衛に出てると、自軍全体に
ダメージが来るので一回ごとのダメージが小さくても痛い。
また魔法カードもサンダーや特技封じなど嫌なカードが含まれており、
スピードバトル編の最後を飾る強敵と言える。
スピードバトル編 完
第6章
新しいルール
Jrルール初体験 この章よりJrルールによる対戦になる。
まずこの章の最初でJr.ルールの特徴について説明があり、
その後、ハルカとの練習バトルとなる。

主人公「レンタルデッキ」 VS ハルカ「レンタルデッキ」
Jrルールにおける主な注目点は以下の通り。
・毎ターン3個分のストーンが増加
・マスターは2P分のダメージを無効にするシールドが常についている。
 (つまり3P以上の攻撃じゃないとダメージを食らわない)
・マスターがダメージを受けた場合、受けたダメージ分ストーンになる。
・モンスターを場に置くにはストーン1個必要
・モンスターカードを場においてから登場するまで1ターンのタイムラグがある。
・そのターンに何もしなかったモンスターは気合溜め状態になる。
・気合溜め状態になると次回攻撃時に通常攻撃が+1P分威力が増加する。
 (ただしm特技の威力は増えないので注意。特に後衛ユニット)
・気合溜め時に攻撃をするか、ダメージをくらうと、気合溜め状態は解ける。
マルヒゲヤにて マルヒゲヤ店長より新しいカードパックを一パック無料でj引かせてもらえる。
内容は「マーベリック」「ウェイクアップ」「ラッフィー」に固定。
マーベリックのダメージ攻撃、ウェイクアップの効果については
直後に発生するレクチャーバトルにて解説がある。

この後、さらに1パック引かせてもらうことにより
「ボムキング」「ボムゾウ」「ヤンベル」を入手。
ボムキングの能力についてもレクチャーバトルで体験することが出来る。
第7章
部内トーナメント
トーナメント1回戦 VS マコト「Jrでもビーム!デッキ」
デッキ名にビームとついてるのでまたエル・ソル中心のデッキかと思いきや、
このデッキで厄介なのは実はユニコーンような気がするデッキ。
ユニコーンの特技により、準備中状態のモンスターを呼び起こして
召喚したそのターンから稼動状態にするので展開が速い。
また癒しの光も入っているため、勝利まであと少しということで
マスターのHPが回復して計画が崩れることもあるので注意したい。
トーナメント2回戦 VS トキタ「まけるハズがないデッキ」
トキタのデッキで注意すべきは「マーベリック」。
ストーン3個を消費して1Dで攻撃が可能なため、マスターに直接攻撃をかけてくる。
後衛を攻撃できる能力がないとジワジワとHPが削られるため、
魔法なり後衛モンスターの特技なりで速攻で倒してしまいたいところ。
トーナメント決勝戦 VS 一条「部活たのしい!デッキ」
一条のデッキの主力はラッフィー。もしかしたら聖獣ラフィオーに
スーパー化するのかもしれませんが自分のプレイ時には確認できず。
他の見所としては「アーシュ&ロロ」のカード。
前衛モンスターながら一度だけ一飛攻撃ができる特技を持っています。
また、サンダーを持っているので、マスターのHPが少ないときは要注意。

【バトル終了後】
パワーアップor黄昏の風入手
第8章
全国大会
第一試合
稚緯夢CH戦
VS カスカベ「ふぉふぉふぉふぉデッキ」
カスカベのデッキで注意すべき点は・・・特になし?
クレアが多く見られるものの、このモンスターは攻撃系ではないため
そんな脅威でもないので、さくっと倒せるはず。
準決勝戦 VS カズマ「うなるてっけんデッキ」
カズマのデッキでよく使われるのがグングニエルと竜の盾。
グングニエルはともかく、竜の盾はダメージを1P軽減した上で
半減なので使われるとほとんどダメージが通らないので少々厄介かも。
決勝戦 VS キリオ「ソード&サンダーデッキ」
キリオが使ってくるデッキの主力はデッキ名が示すとおり
神斬丸などの剣を持つモンスターとサンダーを中心に構成されている。
このデッキにはスーパーカードである牙王バサラが含まれている
神斬丸はレベルアップ前に倒しておきたいところ。
またキリオのデッキにはサンダーやポリスピナーなど
準備期間なしにマスターにダメージを与えることが出来るカードが
多数含まれているため、それらを使われる前に速攻で勝負を決めたほうが楽かも。

【バトル終了後】
真勇者ダイン(レア版) & ランダムでスーパーカード1枚(レア版) 入手
ジュニアルール編 完
第9章
マジカルマスター
シニアルール初挑戦 主人公「キリオホワイトデッキ」 VS ハルカ「ハルカブラック!デッキ」
シニアルールのおためしバトルでは
主人公はホワイトマスターを、ハルカがブラックマスターを使用しての勝負となる。
ホワイトマスターは「ヒーリング」「鉄の盾」「ウェイクアップ」が使えるので
強力な攻撃の出来るユニットをヒーリングや鉄の盾で守りつつ、
そのユニットで敵マスターでダメージを与えていくのが基本的な戦術になるはず。

【バトル終了後】
ホワイトマスター or ブラックマスター入手
プロを目指して マジックマスター入手後、イベントを進めるためには
センターモールにてシニアクラスで5人のマスターに勝利する必要がある。
相手は誰でもいいので、3人ずつ表示されるキャラのうち
好きな相手を選んで戦っていけばよい。
基本的に相手の使うマスターがホワイトマスターだと
回復や防御を駆使されるため、持久戦になりやすい傾向があり、
さっくり終わらせたい場合はブラックマスターを使うキャラを選ぶと吉?

また自身がブラックマスターを使用する場合、
マスターのHPが少ないシニアルールなら
バーサクパワーをうまく使えばマスター集中攻撃で瞬殺できる場合が多いです。

5人の相手を倒すと、自動的にこの章は終了となります。
シニアルール編 完
第10章
幻のマスター
プロルール対戦 マスターXへの挑戦権を得るために、
まずはセンターモールでプロルールマスターを5人倒す必要がある。
プロルールはマスターのHPが10とシニアの倍あるため、各試合は長期戦となる。
また相手がホワイトマスターの場合、AIは鉄の盾をモンスターに掛けまくるため
なかなかモンスターが倒せず、長期戦化に拍車がかかる場合が多い。
逆にブラックマスターを相手にすると、バーサクパワーや大地のいかりによって
次々とモンスターが出ては消えていくので、非常に混沌とした試合模様になる。
どちらのマスターを対戦相手に選ぶかは好みですが、
時間はかかっても確実に勝ちたいのならホワイトマスター、
リスクはあってもスピーディに進めたいなら
ブラックマスターを使うキャラを狙って対戦していけばOK.。

5人の相手を倒すと、ストーリーモードにてマスターXと対戦が出来るようになります。
対 マスターX戦 VS マスターX「なぞのマスターデッキ」
今作のひとつの区切り目となる一大勝負となるこの対戦、
相手はワンダーマスターという新しいマスターカードを用いてくる。
よく使用されるスキルは攻撃を受けるとカウンターを与える「竜の盾」と
モンスターの配置を一マスずつ回転させる「ローテーション」。
竜の盾も厄介ですが、前衛を後衛に移動させてしまうローテーションはさらに厄介。
これに対抗するため、前衛でも後衛でも攻撃できる中衛モンスターや
配置換えしなおすためのワープなど用意するなど
なんらかの対策を用意しないと厳しい対戦を強いられます。

【バトル終了後】
ワンダーマスター入手
プロルール編 完
外伝
クラマクラブトーナメント
番外編
Jrルールトーナメント
開催中
第10章終了後はストーリーモードにてランダムにトーナメント戦が発生する。
メニュー画面で「クラマクラブでイベント開催中」とメッセージが表示されていれば、
ストーリーモードでトーナメント戦に挑戦できます。
なお、一定時間が経過すると挑戦の有無に関わらず、別のトーナメントが開催されます。

トーナメントは全部で14種類存在し、ランダムで対戦相手となる
5人のマスター相手に勝ち抜けば、大会毎に以下の賞金が獲得できます。

Spd:500P
Jr:1000P
Sr.ホワイト:1200
Jr.ギャンブル:1500P
Proブラック:2000P
Sr.上級:2000P
Pro上級:3000

「上級」と冠しているトーナメントは相手も☆8を頻繁に使ってくるので難易度高。
ギャンブルトーナメントはマスターの初期HPが3で、あとは通常ルールと同じです。

なお、初めてのトーナメント戦で優勝した場合はグレートマスターも一緒に貰えます。
また14のトーナメントを全制覇すると「鉄拳シグマ(レアVer)」が獲得できます。
番外編
Spd学生トーナメント
開催中

情報提供:イノセント・カオスさん、テンペストさん 情報感謝!

高速カードバトル カードヒーロー
攻略ページTOPに戻る